ミヤザキメガネ

CGデザイナーの制作日誌!

https://miyazakimegane.hatenablog.com/

シナリオ 「雪と泣きぼくろ」小さい喫茶店のはなし

 

引っ越しの整頓中、何年か前にシナリオセンターに

通ってた時に書いたシナリオが出てきました。

ドラマとしては10分ドラマくらいの尺です。

 

拙いながらに書いたものですが、一人だけこれを読んで泣いてくれた

クラスの人がいてとっても嬉しかったのを記憶してます。。

 

良かったら読んでください!

 

勝手ながら

秋月ミヤコは女優の宮本 信子さん

秋月久美は女優、麻生久美子さん、

米倉治は俳優、西田敏行さん

 

をイメージしてました。

 

 

「雪と泣きぼくろ」

 

 

 人物

 秋月ミヤコ(66

 秋月久美(36

 秋月久美(15

 米倉治(62

 

 

 

○喫茶店「アキヅキ」外観(夕方)

   雪が降りしきる商店街。所々シャッターが下りている。

   その中に一軒だけ明かりの付いた建物が見える。

 

○同・店内

   秋月ミヤコ(6)、テーブルを拭き、サイフォンに火を

   付けたところに米倉治(62)が入って来る

ミヤコ「いらっしゃい」

   腰を押さえながらカウンターから顔を出すミヤコ。

米倉 「いやー、降るわ降るわ」

   米倉上着の雪を払いながらカウンターに座る

   タバコを加え手を差し出して、

米倉 「マッチ」

ミヤコ「もうないよ」

米倉 「なんでえ、そこに1っこあんじゃねーか」

   棚のオルゴールの隣に飾ってあるマッチ箱。

   柔らかい表情の女性が笑っているシンプル

   モダンなイラスト。

ミヤコ「だめだよ、これ最後んだから」

米倉 「最後?ああー、娘さんの」

ミヤコ「そうさ、大事にしてんだよ」

米倉 「そらいけねえ、ライター。百

   百円玉を差し出す米倉。

ミヤコ「まいど」

   ふわ、とタバコの煙が燻る。

米倉 「とうとう今日で最後か」

ミヤコ「あんなおっきなショッピングモールなんてねえ、

    いらないけど。私もこーんな年だし」

   ミヤコ、自分の乾燥した手をさする。

米倉 「昔は賑わったなあこの通りも。しかしだいぶねばったんじゃねーか」

ミヤコ「なんつうか、この店なくなるとねえ、もう本当にあの子が

   戻ってこないような気がしちゃってさ」

米倉 「あれから何年たつの」

   ミヤコ、のしわを見つめながら

ミヤコ「21年・・・だね」

 

(ミヤコの回想・21年前)

○ミヤコ自宅アパート・居間(朝)

   段ボール箱を抱え居間に入ってくるミヤコ。

ミヤコ「久美、マッチ届いたよ。絵描き久美の初商品だね」

久美 「すごい!本当商品みたい!」

ミヤコ「かっこいいじゃない、お店のマッチ、ずっとこれにしようね」

久美 「あれ・・・一個忘れてた」

ミヤコ「なに?」

   マッチのイラストの女性の目元に泣きホクロを

   ひとつ書き加える久美。

久美 「お母さん、ここにホクロあったんだ」

ミヤコ「何?これ私?」

久美 「あれえ、言わなかったっけ」

ミヤコ「言わないよお」

   笑う二人。

 

○同・居間(夜)

   居間のテレビのチャンネルレバーをカチカチ

   回している久美。ミヤコが買い物袋を提げて入ってくる。

ミヤコ「久美?ごめんね?今日の授賞式行けなくて・・・」

久美 「(テレビ画面見たまま)いいよ別に」

   久美はそういいながらテレビを消し、居間を

   出て廊下を早足で歩いてゆく。

   追いかけるミヤコ。

 

○同・廊下(夜)

ミヤコ「式、どんなだった?久美の作品のこと何か言われた?」

久美 「興味ないくせに」

   別の部屋に移動しバタン、とミヤコの目の

   前でふすまを閉めてしまう久美。

   一人廊下に取り残されたミヤコ。

 

○喫茶店・店内(昼)

   カウンター内で急がしそうにナポリタンを炒めるミ

   ヤコ。店内は満席。カウンター内の黒電話が鳴る。

   電話のほうをさっと見るミヤコ。

   店のドアが開き、サラリーマン風の客が3名入ってくる

ミヤコ「いらっしゃいませ」

   汗をぬぐう。ナポリタンを皿に移しながら

ミヤコ「少々おまちくださいね」

   電話はずっと鳴り続けている。

 

○喫茶店・店内(夕方)

   手のしわを見つめながら、ため息をつくミヤコ。

ミヤコ「大事な授賞式も間に合わないし、死に目にも会えないなんて、

   ダメな母親だよ」

米倉 「1か、これからってときになあ、(マッチを見て)なかなか

   センスいいぜ、モダンっちゅうか」

ミヤコ「そうだろう?」

   店のドアが開く音。カラン。振り返るミヤコ。

   激しい吹雪が店内に流れ込み女性(36)が一人入ってくる。

女性 「すみません、電車すぐ来ちゃうんですけど・・・

   珈琲って、すぐ飲めますか?」

   女性をぽかんと見るミヤコ。

ミヤコ「あ・・・はい、お出しできますよ」

   手招きで席を勧めるミヤコ。

   珈琲カップを持ち上げる女性の手。一口すする。

   5席空けた所からそれを見ているミヤコと米倉。

米倉 「(ひそひそ声で)美人じゃねーか」

ミヤコ「いらないこといってんじゃないよ」

米倉 「(ウキウキした様子で)あの、お嬢さん、電車は何時の?」

女性 「5時21分発なんで・・あと20分くらいでしょうか」

米倉 「あー、駅なんてすぐそこだからねえ。暖まっていきなさいよ」

ミヤコ「あんたん家かい。(笑いながら)ゆっくりしてってねえ」

女性 「(笑顔で)はい」

   女性、カウンターのマッチに手を差し伸べる。

米倉 「それ、ミヤちゃんの、この店長さんの娘さんが描いたの。上手いでしょ」

女性 「へえ・・・」

   マッチをじっと見る女性。

   その女性をちら、と見るミヤコ。

   カチリ、時計が5時10分を指す

   カウンターテーブルに珈琲が3カップ

   楽しげに笑う3人。

   女性は席を移動して二人の近くに座っている。

女性 「はい、画家になりたくって」

ミヤコ「へえ、お嬢さんも」

米倉 「でもご両親寂しいだろうねえ娘が上京しちまって」

女性 「母には申し訳ないなあって。家で一人なんで」

米倉 「あれま、そいつは寂しいねえ」

女性 「たまに顔見せてあげたいんですけどなかなか遠くって」

米倉 「いやあ、今日もそんで帰ってきたわけだろ、いい娘さんじゃねえか、

   なあミヤちゃん」

ミヤコ「そうだよお、ちゃあんと子供ががんばって毎日楽しんでいれば

   それが一番の孝行さ」

女性 「いつも応援してくれるんです。でもこの間悪いこと言っちゃって」

米倉 「悪いこと?」

女性 「私の絵なんか興味ないくせにって。ちょっとカッカしてただけ

   なんですけど、お母さん真に受けちゃって」

   ぽかんと女性を見るミヤコと米倉。

米倉 「いやあ、よくあるよ、なあ?そういう喧嘩、大丈夫だって。

   お母ちゃん気にしてねえから、なあ?ミヤちゃん」

   沸騰するサイフォンの珈琲を見つめるミヤコ。

   女性、カップ珈琲の湯気をみつめている。

ミヤコ「オムライス、オムライス食べないかい?」

女性 「オムライス?」

ミヤコ「そうさ、どうせ材料いっぱい余っちまうからさ、

   食べてっておくれよ、ね?サービス!」

   期待の目で女性を見るミヤコ

   女性、珈琲と時計を交互に見て

女性 「でも、すぐ電車来ちゃうから」

   時計の秒針がカチリと動く5時16分を指す。

ミヤコ「ああ、そうだよねえ、遅れたら大変だもの、

   1本遅らしただけで、いろいろと・・ねえ」

女性 「はい、遅らすこと・・・出来ないんで」

ミヤコ「そりゃそうだよ、ねえ・・・」

   無理やりに笑っているミヤコ。

   米倉は悲しげな表情でミヤコを見る。

ミヤコ「あ!そうだアップルパイがいっぱい余ってるんだよ、一口食べな?

   ね?一口だけなら大丈夫だろ?」

米倉 「ミヤちゃん、お嬢さん急いでるからさあ」

女性 「あ、いえ、じゃあ、一口だけ」

   ミヤコ急いでアップルパイを切る。

ミヤコ「どーうーぞ」

   別のアップルパイを1ホール丸ごとラップで包み始めるミヤコ。

ミヤコ「沢山余ってるからね、包んだげるから、もっていきな、日持ちするし」

米倉 「ミヤちゃん!お嬢さんそんな一杯いらないって」

ミヤコ「あ、そうだ、シフォンケーキもあるんだよ?好きでしょう。

   チョコレートのもあるんだよ?」

米倉 「ミヤちゃん!」

ミヤコ「なんだい、あたしの店だよ?」

   二人が言い合う隣でそっとマッチのほうに目を向ける女性。

女性 「実は今日はじめて飲んだんです。珈琲。こんなに美味しいんですね」

ミヤコ「へえ、初めて・・・飲んでみたくなったんだねえ?

女性 「今日で・・最後だから」

   ミヤコ、女性をじっと見る。

女性「ここで飲めるの、最後だから」

   ミヤコも女性をみつめている。

   米倉、2人を交互に見る。

   時計が5時20分を指す。

   女性、マッチをミヤコに渡す

   泣きボクロが描きたされた女性の顔。

   ミヤコ、サッと顔を上げる。

   店内にはすでに女性の姿はない。

   時計が5時21分を指す。

   米倉、思わず立ち上がり、はずみで椅子がガタンと音を立てて倒れる。

 

 

○喫茶店・外観

   急いで店の表へ駆け出すミヤコ。後ろから米倉も追いかける。

   深く積もった雪に足跡一つない。

ミヤコ「久美・・・!久美・・・! 」

   叫び続けるミヤコ。

   空からは美しい雪が降り続けている。

おすすめ!静岡にある「浜松市楽器博物館」たくさんの楽器に囲まれて幸せなひと時。

3年ほど前、ふらっと浜松に行ったとき、泊まったホテルに

この浜松市楽器博物館のチラシがあって、近いし気楽な気持ちで

行ってみると思いのほか面白かったので一部紹介したいと思います。

 

私は昔からグランドピアノという造形物に憧れがあったので

この歴代のピアノのコーナーに行った時はテンション爆上げでした。

 

f:id:miyazakimegane:20190415230602j:plain

f:id:miyazakimegane:20190415230640j:plain

電気の無い時代のものでしょうか?蝋燭立ててるなんて

まるで映画のセットのようです。かっこいい!!

 

f:id:miyazakimegane:20190415230651j:plain

こんな大胆に布で覆われたピアノなんて見たことがない!

なんだこれは!かっこいい!!

 

f:id:miyazakimegane:20190415230613j:plain

これはピアノ?コンパクトなサイズだけど装飾が半端ない。

板の裏に絵画が描かれている・・・かっこいい!!

 

f:id:miyazakimegane:20190415230703j:plain

f:id:miyazakimegane:20190415230715j:plain

鍵盤が黒とか白とか木のまんまとか、側面にまで装飾が・・・いちいち凝っている。

めちゃくちゃお洒落!

 

f:id:miyazakimegane:20190415230628j:plain

他にも色んな国、昔の楽器~現代まで・・・

f:id:miyazakimegane:20190415232334j:plain

f:id:miyazakimegane:20190415230727j:plain

どんな音がするのか想像するだけでワクワクします!

(ものによってはヘッドホンで再現された音を聴けるものもあります)

 

日本の琴や三味線もありましたし

世界各国の楽器がたっぷり陳列されていました。

 

浜松駅から徒歩10分。アクセスはめちゃ楽。

大人だとひとり800円。

www.gakkihaku.jp

浜松に訪れる機会があれば一度覗いてみる価値ありです^^

映像業界での長時間労働 と 作品のクオリティ

CGクリエイターはプライドをかけて自分の担当分のクオリティを上げたい。

優秀だと認められたい、良い映像を残して誇りたい!

その為に休日出勤もいとわない!

 

私が社会人として初めて今の会社に入った時はそんな気持ちで働いていたし

先輩方も終電まで働いて、土日出勤してました。

 

この頃はフレックスタイム制だったので「残業」という概念がありませんでした。

なので、サービス残業は損、という概念も無かったのです。

(当時のリズム:10時出社→23~24時頃退社 土曜は基本出勤・日曜はたまに出る)

 

ただ好きなことを好きなようにやっている、という感覚。

だけど長時間労働は当たり前・・・

(ほとんどマヒですかね。でもこんな環境の中で頑張ってきた先輩達の

 おかげで今の私たちのお仕事があるとも言える)

 

それから数年が過ぎて、会社の制度が変わっていきました。

出社時間が決まって、遅刻をすると給料からその分引かれる・

残業代は申請をすればちゃんと支払われる。

(今のリズム:10時出社→20時半~21時退社・土日は基本休み)

 

これの良い点は、生活リズムが安定するので以前より健康的な生活になった。

という所。

悪い点は、サービス残業をさせられている感覚が生まれてしまった事により

定時(19時)に帰れない現状に対して理不尽さがはっきりした事。

 

仕事の量は変わらないので定時が設定されたところで

帰宅時間はそこまで変えられない。。。

 

しかしサービス残業という価値観を知ったことで

プライドをかけて時間がかかっても自分の担当分のクオリティを上げたい!

って気持ちと、

クリエイターとしてのプライドを利用されたくない!

って気持ちに挟まれて

どうふるまえばよいのか分からなくなってきているんです。

 

評価の基準が

・担当者が上げた作品の「クオリティ」が全て

・作業の「速さ」が二の次になっている

・残業して頑張ってる人、偉いっていう文化

 

ってのが根本的にあるからこうなるんじゃないかと。

 

10時間かけて終わる人と、同じ量を7時間で終わる人がいたら

7時間で終わる人のやり方をシェアしていって

7時間コースの人を増やしていく努力をプロジェクトチーム全体

する必要があるっておもう。

 

仕事のスピードや、その人のこなしている量がはっきりするグラフとか

見えやすく置いて、すごい早く帰る人がいても、

あいつ空気読めよな~じゃなくって

仕事早いから帰れるんだね~すごいね~って空気にならないかな。

 

そしたらみんな早く帰るようになるけど、クオリティもキープできて

いらない残業代を会社は払わなくて良いし、自由な時間ができればインプットも

増えて会社全体がいい感じに成長していく!みたいな。

 

という私もあんまり早く帰る勇気がありません。

でももし、作業スピードのグラフがあって私の進み具合が

良かったらすんなり帰れる気がする。

 

気がする・・・。

 

<自主制作>イチゴちゃん やっぱりこの子が好きだから

この子はこのデザインのままいってみようと思った。

f:id:miyazakimegane:20190330232721j:plain

 

色々悩んだけどやっぱりこの子が好きなのです。

アニメーションはもっと幼さが伝わりやすい愛らしい動きを考えよう。

魅せ方や映し方もちゃんと考えていかないとなー。

 

miyazakimegane.hatenablog.com

 

前に考えたこの子達のシリーズも、一度作品が完成したらもう一度考えたいな。

f:id:miyazakimegane:20190309190039j:plain

 

コンテをラフにざ~っとかいて、AfterEffects入れてみた。

f:id:miyazakimegane:20190330233149j:plain

 

1分弱のムービーになったけど、なんか物足りなかった。

何か賑やかな要素が足りなそう。

 

まだまだ考えないと!

クリエイターにお勧めしたい!無印良品の文房具コーナー

無印良品の文房具コーナーが好きで、通りかかったらよく見に行くんですけど

特にありがたいと思っているのはこの

 

4コマノート。1冊100円。

f:id:miyazakimegane:20190324141657j:plain

 

絵コンテって、本格的に描く前にラフな状態でさらさらっと描いて

試行錯誤したいんですけど、いつも画面の四角を描くのが面倒になってくる・・・

 

だからといって本番コンテのコマで描くほどに色々固まってない時に

気楽にたくさん描けるのが嬉しいのです!

 

しかし無印良品さんはどういう用途でこれを発売したのでしょう。

偏った人しか使わなそうなデザインって思うのは私だけなんでしょか。

個人的には使いつつもけっこうロングセラーなのが不思議。

f:id:miyazakimegane:20190324141721j:plain

www.muji.net

 

他にも

無印の文房具コーナー、他にも白紙状態の絵本何も書かれてない状態の文庫本

あって、制作意欲がムクムクと湧いてきますw

 

 

 

絵本ノート 390円

www.muji.net

絵本ノートは、私は色鉛筆で絵を描くのが好きなので

画用紙のようなしっかりした紙で色を重ねていきたい、けどあんまり

大きいサイズだと落書き的に気楽に描けないなーと思ってたので

手のひらサイズでちょうど良かったのです。

絵本の状態で装丁されているので、ちょっと絵本を描いているような気分に♪

 

 

 

文庫本ノート 100円

www.muji.net

文庫本ノートは持ってるだけで小説が書きたくなります・・・

しおりのヒモが付いているのが憎いデザインですね~~

 

 

なにも描かれていない白紙状態のこの媒体たちは見てるだけで

どうしてこんなにもワクワクするんでしょうか!!

 

他にもスケッチブック、色鉛筆とかもあって

無印ならではの「何も装飾がない」ゆえにクリエイター側は

何かそこに描きたくなる衝動にかられます。

 

気が向いたらフラッと立ち寄ってみてください^^

無性に何か作りたくなるはず!

 

映像制作のはじまりは散々な思い出・・・orz

大学1年の頃に、子供の頃から夢だった映像作品が

どうしても作りたくて親に頼んでパソコンを買ってもらって、

 

自分で描いた絵をスキャンして、フォトショップ

アフターエフェクトのみで作った初作品の絵の一部。

f:id:miyazakimegane:20190309164515j:plain

これに電飾の光とかを重ねたりとか色々しました

 

勝手が分からなくて、ほとんど手探りで作った作品を、

大学仲間5人くらいで寄せ集まって

上映会なるものを開いて、学内の色んな人に見てもらいました。

 

観客の反応・アンケート用紙に書かれてた内容 

 

他のメンバーへの反応→

「世界観が可愛かった」

「音楽に合っててきもちがよかった」

「独特でクセがあるけどイイとおもう」

 

私の作品に対する反応・・・→

(そもそも感想書いてくれた人が全体からしてすごい少なかったけど)

 

「途中のものを見せないでほしい」

「何を言っているのかわからない」

 

という2つだけだった・・・orz

 

 

容赦なかったな~

 

 

不思議なことに、一緒に上映会を開いたその当時のメンバーで

今も映像作ってるのは私だけらしいです。

 

 

当時作ったこの作品のこういう下絵はあったのだけど

映像自体はどこにもありませんでした。

 

ツラすぎて捨てたのかなあ~;思い出せない。。

 

あれから色々勉強したよ、がんばったよ。

映像のお仕事についたよ。

少しは当時のワタシ、報われたかな~

マグカップたっぷりのコーヒーが美味しい。桜新町[815 Coffee Stand(ハチイチゴ コーヒー スタンド)]

家の近所で多分もう5年くらい通ってる。

桜新町駅から徒歩8分くらいの住宅街にある815コーヒースタンド

f:id:miyazakimegane:20190309135329j:plain

 

始め、店内が打ちっぱなしのオシャレ空間すぎて居づらい空間だったのだけど><

コーヒーの味が好きで通い続けるうちに慣れました^^

 

ここのコーヒーはマグカップたっぷりなのが嬉しいです。

アメリカーノ 450円。

f:id:miyazakimegane:20190309140046j:plain

 

 

ラテはマーブルがめちゃ綺麗で出てくると絶対写真撮りたくなるやつ。

815ラテ 580円。

f:id:miyazakimegane:20190309140005j:plain

 

 

セットとかではないけど、スコーンもよく買います。

とっても美味しい♪

f:id:miyazakimegane:20190309140107j:plain

クリームチーズとブルーベリーがたっぷりでどっしり感があるので

スコーンというよりもバター感あるマフィンという印象。

 

開店の朝9時過ぎから焼き始めてるみたいで、開店直後だと焼いてるいい匂いが

ただよってきます。大量に作ってないので夕方以降だと売り切れてる事が多いです。

 

天気の良い日は昼過ぎになると満席だったりするので、

午前か夕方くらいだと落ち着いて座れます。平日はもっと空いてるのかな。

 

ペットOKなお店なのでたまに可愛いワンコにも出会えます。

トイプードルよく見かけるな~。

 

ただ、打ちっぱなしゆえに音が響きやすい空間のためか、

赤ちゃん連れの方が一回、赤ちゃん泣き始めて寒空の下赤ちゃん抱っこして外に行って

あやしてるのがちょっとかわいそうだったな~、こっちは気にしないけど

空間が静かすぎて気を遣うのかな。泣いてるのぜんぜん可愛いかったんだけどなー。

 

友達2人とか、一人で本読んでるような人が基本多い店です。

 

tabelog.com

[月~金] 10:00~18:00
[土・日] 9:00~19:00

日曜営業

 

前まで「コーヒースタンプ」というのがあって10個貯めるとタダ?みたいのが

あったんですけど現在はもう無いので持ってる人は注意です。

 

コーヒーが売りのお店なので、ドリンク以外だとスイーツか

ホットドッグみたいな軽食が主。

 

■近くのお店

ランチとかどっしり食べたい時は近くのこちらもお勧めです

tabelog.comモーニングもやってて、パンケーキもバーガーも美味しい!

 

またの機会にレポートします!